開業祝等で贈る胡蝶蘭の相場価格はどの程度?

開店祝いや開業祝で贈る花と言えばコチョウランですが、個人での相場は3万円程度といっ立とこでしょう。ここ最近は、通販ショップを使って花を贈る人口も増加し、胡蝶蘭専門店も、ネット通信販売(近頃では、携帯電話からでも可能ですよね。

時にはお買い得なこともあります)への対応が進化しています。19世紀に東南アジアで発見された胡蝶蘭は、明治に日本に持ち込まれ立という記録があります。

蝶の様なフラワーを咲かせるというところから、それを見た人がこちょう蘭という名前を付けたそうですが、その上品さは贈り物には最適だといえるでしょう。

様々な種類があるこちょう蘭ですが、分ける基準の一つに、花びらのサイズちがいによるものがあります。

開店祝いなどでよく見られるのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。

そして、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶蘭があります。

どう選ぶかですが、用途によって変わってきます。

入院患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)のお見舞いに、 心を温かくしてあげる意味で、美しい花を贈るのも良いことですが、根が鉢に植わってるものは「根が付く」と、タブー視されています。

お見舞いに胡蝶蘭を贈りたいなら、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、根が付いた状態で相手に贈らないように気を付けましょう。

このマナーさえ分かっていれば、香りや花粉があまりない胡蝶蘭であれば、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。

通販のフラワーギフトを使うとき、選ぶ基準としては栽培している農家から直接発送される、栽培農家直送の通信販売店を選ぶようにしましょう。

何故、産地直送が良いかというと、卸市場を経由しないので、手もとに届くまでの時間が短縮され、おフラワーが新鮮な事と、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。
胡蝶蘭のオンラインショップを使用する時も同じで、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。お祝いに贈る花として胡蝶蘭が人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)なのは所以があります。

一例を挙げるとすれば、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日持ちの良さも挙げられます。普通に贈られる花ギフトであれば、直ぐにしおれてしまい日持ちしませんし、こういった事を考えても、一ヶ月以上も長持ちする胡蝶ランが喜ばれるわけです。大事な人やビジネスシーンで贈る花ギフトは、胡蝶蘭をチョイスする方が圧倒的に多いのです。

花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、贈る人のシーンに合った花言葉をもつ花を贈ることで、花を贈られた人の感激も一層深まるというものです。ひとつ例を挙げると、コチョウランはお祝い事でよく利用されますが、こちょう蘭共通のフラワー言葉、「純粋な愛」「幸せを運んでくる」のほかにも、色別にそれぞれの花言葉をもっています。

こちょう蘭を例に出しましたが、フラワーギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、ただ花を贈るよりも、一層心がこもった贈り物となるのです。フラワーギフトの場合、大事なものの一つにラッピングがあります。

いくつか例を挙げると、ラッピングを赤にするとゴージャス印象になるし、緑のラッピングは爽やかなイメージがあります。
昨今の通販ショップでは、殆どの場合、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります。胡蝶蘭に沿える立札なども、無料で行ってくれる通販店が多くなっています。
気になる胡蝶ランの値段ですが、 贈る相手の場面や、相手方との人間関係によって違ってきます。

友達や親類への贈り物であれば5千円程度のミニ胡蝶蘭でも良いですし、仕事関係であれば大倫の3本たて胡蝶ラン以上を選ぶのがマナーです。どっちにしても、胡蝶蘭の価格がフラワーショップ(小売店)より安いのが通販で、場合によっては半額になることもあります。

通販では卸市場を経由しない流通構造を採用している場合が多く、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。

スマホ端末の進化に伴い、フラワーギフトの通販サイトも、近頃ではスマホだけで全て注文を完結することが出来ます。キメ細かい対応をしてくれるので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。配送やお届けについても言えることで、日本国内での素早い配送や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。フラワーギフトが身近で便利になった証拠ですね。
育て方にもコツのある胡蝶蘭ですが、寒さに弱いのは、知っておかなければいけません。
原産地は熱帯地域ですが、明るい日陰で生息しているので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。
適温は15℃から20℃前後くらいで、風通しが良い場所に置いてあげましょう。水やりは頻繁にする必要はなく、根元が乾いてき立と思ったらあげる感じです。
こちょう蘭を贈るのは、お祝い事だけでなく、お供えとして用いるケースもあるんです。

こちょう蘭の花言葉には「純粋な愛」という意味もあって、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。

胡蝶蘭が広まるきっかけは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、その神秘的な美しさが、より綺麗な品種を探すきっかけとなって現在の胡蝶蘭の原種発見に繋がったわけです。

頂いたコチョウランのお手入れですが、そんなに難しいことはありません。
水やりは頻繁にやらなくても良いし、フラワーが散ってからの植え替え方法も簡単です。

でも、厳しい寒さには強くないので、冬場にベランダに出したり、庭に置いたりしては駄目なんです。
アト、強すぎる陽射しを当てるのもダメなので、置くところには気を付けてあげましょう。
取引先の創立記念日にもコチョウランを祝花に選ぶことが多いようですが、最低限のマナーくらいは、理解しておくべきだと思います。

たとえば、赤系は火を連想指せるので、赤系は避けないといけません。

また、必ず立札を付けるようにしないといけません。
誰から届けられたのかを分かりやすく、相手先に手間をかけないようにするためです

続きはこちら⇒胡蝶蘭 通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です