セコムやアルソックは警備業界のダントツのツートップなので両方に見積もりを取るとお得

様々な事情でご自宅の警備ーの契約を検討されているなら、はじめはご自宅の警備をあつかう会社に御見積もりをとらなければなりません。業界最王手のセコムやALSOKのコマーシャルはご覧になったことがあるのではないでしょうか。
ここで大切になってくるのは、イメージだけで1社に見積もりを任せてしまわないことです。

確かにセコムやアルソックは、警備業界のダントツのツートップですが、さすがに1社だけに絞って見積もりを依頼するのは、ホームセキュリティの場合止めておきましょう。

警備会社同士はシェアの奪い合いで競争意識も強いため、相見積をすることで必ず警備料金も安くなります。

たとえばアルソックが一番いいと思っても、実はセコムの提案のほうが内容が濃かったりする時もあります。競合させて複数社に見積もりさせると、価格が安くなるだけでなく、自分の状況にあう提案が見つかります。

警備賞金は安いけどセンサー類が少なかったり、やたらいらないオプションを特価だと言って来たり、さまざまな警備パターンも検討できてす。SECOMALSOKを含む各社とも、警備診断から見積提出までは全て無料なので、予算ごとに各社共、数パターンの見積もりをして貰うのもいいでしょう。ホームセキュリティの見積をとろうとする場合、最初は複数警備会社の資料請求からおこないましょう。はじめからセールスマンを呼んで見積させると、うまく言いくるめられて定価で契約させられかねません。
資料の取り寄せはインターネットから無料で行えます。

遅くても1週間以内には届くので、警備員の質や企業レベルなどがよくわかります。

予備知識があるのと無いのとでは、交渉の有利さがちがいます。駆け付ける警備員の服装やセキュリティー機器の種類など、パンフレッドなどで知っておけば、営業マンの手の平で泳がされることを防ぎます。

ホームセキュリティー各社の資料請求は全て無料ですので、損することはありません。

警備センサーの特性や、その会社の対応力、警備料金などが理解できて見積を依頼する会社を絞ることもできます。

防犯目的でご自宅の警備を検討するとき、警備会社をどこにすればいいか迷います。

セキュリティー業者の対応できる規模や警備機器のラインナップなどは知っておくほうがいいでしょう。

資料請求を行うと、警備料金などの指標が載っているので、比較の参考になります。駆け付けるガードマンを日本全国に配置できているのは、セコムとALSOKの最大手二社だけになります。個人的には、この2社での競合が一番だでしょうが、念のため各社の資料も確認してみることを御勧めします。
ズバットホームセキュリティ一括資料請求の中には、「セコム」「ALSOK」の他に、「全日警」「関電SOS」「TOKYU SECURITY]があります。各警備会社の資料を元に、2社から3社程度に見積もりを依頼するようにします。複数の警備会社に相見積もりを取ることで工事代や月額警備料金も安くなり、警備プランも向上する可能性があります。
資料やパンフレットに載っているのは定価ベースなので、絶対に相御見積もりを行ってちょーだい。ホームセキュリティの御見積提出は全て無料です。
なんと、実際に契約を交わして、機器の設置工事が終了してからでないと、お金を請求されることはありません。契約をするまでは何度再御見積もりをしても御見積製作には一切費用は掛かりません。
ホームセキュリティーの契約期間は5年(その後1年の自動更新)。

なので、納得いくまで話し合いをして少しでも有利に契約することが大切です。ちなみに、お買い上げプランはセキュリティ機器を買い取るプランです。ホームセキュリティのお買い上げプランなら全てあなたの持ち物になります。

買い上げプランは解約金が発生しないため、契約期間を気にしなくても構いません。話がそれましたが、幾ら相見積もりしてもタダなので、妥協せず交渉してみて下さい。

おすすめサイト⇒セコムとアルソックのホームセキュリティを比較した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です